Michihiro.TOWALK2002

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018年4月23日(月)

終日埼玉でモデル撮影。何度か前に撮影させて頂いている方ですが名前を変えたという。

何度か前の名前で呼んでしまうが、これはいかん。下の名前は変わってないので下の名前で呼ぼうと決めた。

ライブハウスのことを「ハコ」と呼ぶのと同じ様に女性を下の名前で呼ぶのも少し抵抗がある。抵抗というかなんというか。

 

今年のG.Wも土浦へ。2006年からなのでもう12に年もG.Wは茨城県の土浦。

土浦日大の体育館で高校バスケの強化試合の観戦。レンタカーは予約できたがホテルの空きがみつからない。

 

 

 

- | permalink | - | - | -

2018年4月21日(土)

引っ越して1年が過ぎてもまだあの引っ越し作業の大変さが抜けなくて、新しく本を買うのに躊躇してしまいます。本をいっぱいに詰めたダンボール箱数十個を5階まで運ぶという。なので電車で読む本はもっぱら本棚をながめこれにしよてな感じの1年です。

 

その本棚の中でずっと手付かずになっていたのがウンベルト・エーコ著「薔薇の名前」でおそらく94年くらいから持ってます(24年前!)。その頃一緒に住んでいた兄が買ったのだと思いますが、それ以降は僕が所有していた。ハードカバーで分厚くて持ち歩くのなかなかで、でもここは一念発起読んでみようと手にしたのが3月でほんと1ヶ月かかりました。

 

登場人物の名前が大変。文書館長補佐のベレンガーリオ・ダ・アルンデル、薬草係のザンクト・エンメラムのセヴェリーノ、古典翻訳をする修道士のヴェナンツィオ・ダ・サルヴェメック、最長老の修道士アリナルド・ダ・グロッタフェッラータなど重要なこの4人以外に読み馴染みのないカタカナ名前の登場人物が10人弱交互に出てくるので、まず名前に慣れるのに時間が掛かる。ベレンガーリオのエピソードとヴェナンツィオのエピソードがごちゃごちゃになったり、主人公のアドソはベネディクト会で、途中から主役であるフランシスコ会のバスカヴィルのウィリアムのところにミケーレ・ダ・チェゼーナとウベルティーノが来て物語は深みを帯び、普遍論争において唯物論と実存論の立場を意識して形相のあり方をベースにおいてたりすると........どうですか?もう嫌でしょ。そんな1ヶ月でした。

 

でも読み終えてみれば、やっぱりミステリー本としてベストワンと多く評論でいわれているのが本当によくわかります。

また歳をとってゆっくり時間ができたら、じっくり読み直す時もくるのかしら。

 

 

 

- | permalink | - | - | -

2018年4月20日(金)

よっちゃんのことを書かなあかんと思いながら、何も書かないまま4月ももう終わる。

寂しさも悲しさも2、3歩後ろにいるようで、涙もでんのやけど。

月初めに3日福井に行っていたけど、動かず。

俺、よっちゃんを撮ってないわ。

 

 

 

 

 

 

 

- | permalink | - | - | -

2018年3月9日(金)

3年前にレーシングドライバーとしての活動に終止符を打って音楽活動へ移るという宣言を聞いた時には、『そうなのか........でも、どうなんやろ』と弾き語りの突き抜けない感じを予想していた僕は、やっぱりその程度にしかあて推量のできない能力やった。

 

だがここまで予想を超えてくると、やったー、はははははー。やっぱりものが違う人をみると嬉しくなってしまう。もうウキウキや。家でコタツでYOUTUBEで観ているだけでこんなにウキウキしてしまうのにドライブしながら聞いたら最高だろう。

 

予定している月末の長距離高速道路移動はシンガーソング・ライターReNのこのアルバムが一枚決定。

 

 

""What I'm Feeling"" の歌詞。

 

『Stop acting like you don't know what I'm feeling

似合わない嘘つかないで』

 

この歌詞、フレーズ、最高や。

 

 

 

 

 

 

- | permalink | - | - | -

2018年2月8日(木)

福井の雪がすごいとニュースになっていて、友達や実家に電話して状況を聞く。

『ひっでーわ、雪。みっちゃん』

『もうやんなってまうわ』

『でも56豪雪ほどでないけど』などなど。

 

こっちでもいろいろ人から『実家の方、大丈夫』と声をかけていただいた。

久々にサンダルバッヂ赤松さんからも電話があって、雪の状況を説明した。話が長くなるのもあれだしライブのリハーサル前のようで撮影が終わったらライブ会場にお邪魔しますと電話を切る。というのも今日の会場は六本木VARITらしくて、ここは代々木zher the zooや下北沢CLUB QUEでお世話になっていた安斎さんが移籍したところなので、一度挨拶に行っておきたかったのも含めて。

 

最近は赤松さんに会うのも1年に1、2回になってしまい。久々。にもかかわらず昨日も一緒にいたような感じ。

 

打ち上げ後、終電間際、六本木の駅からは乗らず飯倉交差点から永坂の方へ下って行って麻布十番から都営に乗り帰宅。仕事もなくて時間のあった頃は、飯倉片町周辺は何のアテもなくやたらに歩いていた頃があって、いまでもいつでもむやみに歩きたくなる街。

 

 

 

- | permalink | - | - | -

2018年1月25日(木)

撮影終了後、品川で同級生と待ち合わせ。

 

高校のバスケ部。最後にあったのは、高校卒業の日か成人式の打ち上げかも思い出せない。とにかく20年以上ぶり。

 

お互い知っているのは、僕は東京の大学へ、友は大阪の大学へ進学したということだけで、全くの音信不通の中、突然に連絡はついて品川で呑むことに。

 

吉田類が出てきそうな昭和安もつ焼きやで23時過ぎまで。

今何やっているとか、僕らの最後のゲームを覚えているかとか。

僕はしこたま飲んで酩酊。

福井にいるバスケ部の連中に電話しまくったり「友達は君らだけや。愛してる」とメール送りつけたり。

 

友は大学卒業後、アメリカにバスケ留学していたと。あの時代に。96年やぞ。

ようやったな。帰国後は大手飲料メーカーで頑張ってると。

酩酊する僕とは違ってしっかりした足取りで東銀座のホテルへ帰って行った。

 

不思議やなぁ20年て。部活終わってまた次の日会うみたいに。

 

 

 

- | permalink | - | - | -

2018年1月16日(火)

最初の頃から村上春樹の小説は苦手で、

それでもこれほどまでに 評価が高いし新作が出るのを心待ちにして、

本屋で予約していち早く手にして 読書を楽しんでいる人を見ると、

あんなにハマれて羨ましいというの本心です。

 

一念発起してもう一度読んでみようと買った本がしばらく本棚に。

 

僕はきっと村上春樹小説の良さを感じられないままなのでは?

今度こそは何かに気付けるかもしれない。

 

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読了。

 

やっぱダメ。

 

夜、体育館でバスケ。 ドリブル練習とシューティング。

- | permalink | - | - | -

2018年1月13日(土)

午後、自転車で海の公園へ、どんど焼き。 出店で焼き鶏肉を一つ買って、海の公園に来た時には必ず立ち寄るミニコンビニで、 カップラーメンを食べながら、長男とオセロ。 簡単に勝てるやろと思ったら2度負け。

 

シーパラダイスでイルカをみて帰る。

- | permalink | - | - | -

2018年1月12日(金)

四谷のスタジオで撮影。 午後、たい焼きの差入れ。 モデルさん、メイクさん、スタッフの皆さんと。 四谷でたい焼きといえば「わかば」でしょと思ったらやっぱり。 もう何年も食べてなかったけど、まさにわかばのたい焼き。

「お店どの辺ですか?」と話題になって 「あそこあそこ、あの〜オテルドミクニのとこの、あの若葉のとこ......」 「.......」 やっぱり頭が少し弱くなってます。

 

  正直なことをいうと池袋の名代たい焼きの方が好き。 僕が東京でたい焼きを食べるのは、福井のお祭りには欠かせない出店の人形焼がないからです。 その人形焼の風味が似ているのが、浪花屋のたい焼きと名代たい焼き。

 

人形焼が福井にしかないなんて、福井の人は知らない。 田舎で話すと必ずびっくりされます。 東京にある人形焼とは別物です。

 

 あれソウルフードやのにな。 B級グルメみたいな大会に挑戦してみてもいいのではないかと思っていますが、 なんせ福井県民の多くがあの人形焼が福井にしかないなんて考えたこともないんですから。 祭り行ったら、「買って帰んなあかんが」つって。  

 

福井で鯖江ドッグなんて誰も食べてえんからね。 パリ丼なんて誰も知らんし。両方とも東京出てから知ったわ。 ケンミンショー面白いけど話半分やな。

 

- | permalink | - | - | -

2017年12月27日(火)

午後、長男を近くの体育館へ連れていく。

冬休みこども運動塾のようなもの。

うちの長男、運動神経が鈍いのでは?と疑っておりますが、不器用も才能のキーと信じて。

僕はそこそこ良い方だったので、誰に似たんやろ?!という。

秋から地元のバスケットボールチームに入ったので、なんとなく形になっているところもある。

 

僕はバスケットボールをやっていたし、全国大会は夢のまた夢の、いち県大会レベルのなんでもない選手ではありましたけど、経験者なりにセンスは見抜けます。ただこの10年間、北陸高校を中心に公式の大会だけでなく、練習試合にまで体育館にお邪魔して観てきて思うのは、センスを持ったものだけが大成していくのではないのを深くみてきたし。

 

マイケル・ジョーダンよりレジー・ミラーの方が好きだったし。

 

ウインターカップ2回戦北陸は106―80で新田(愛媛代表)を下し、今日の3回戦、6月に敗けている帝京長岡(新潟代表)と雪辱戦は70―79で逆転負け。

 

それにしてもウィンターカップは年末ギリギリの日程で、毎年敗けのショックを引きずったまま大晦日を迎えるね。

今日も試合後、こたつでがっくり。試合中、食器をがちゃがちゃ洗っていた妻に八つ当たりをす。

試合に集中せんとあかんよ。とはいえ妻に高校バスケはまったく関係ない。

八つ当たりという。

 

 

 

- | permalink | - | - | -